ごきげん統失ちゃん

イラストと普段思ったことを投稿します。

【グリザイユ画法】簡単な色塗りの方法を試す

ご機嫌よう、みなさん(言ってみたかった)。 今回は有名な方法で色塗りを試してみたので、自分へのメモ用にも兼ねてやっていきます。

レイヤーが使えるペイントソフト限定ですが、大まかな方法としては、

モノクロで絵を影もつけながら表現する ↓ レイヤーのオーバーレイモードで着色

というもの。では早速!

【1】ラフを用意

座る ラフ1

このときはアニメ塗りをする予定だったので線画になっていますが。 ラフで大丈夫です。見栄えが良くない線画ですが、次で誤魔化せるので 問題なし! ついでにセクシーなものを描きたいと思っていました。

【2】線画に影もつけながら描いていく こんな感じです。だいぶいい感じになったかな?

座る ラフ2

 

この時点で、線画は必要なくなりました。firealpacaの場合8bitレイヤーで書くといいです。 その場合、firealpacaを開く→ファイル→環境設定→編集モードを スタンダートからプロフェッショナルへ。するとレイヤーのところに 8bitレイヤーが追加されているので、それを使います。 目は別のレイヤーで書いています。これは、目はグリザイユ画法を 使わない方が綺麗に描けると判断したためです。

【3】レイヤー色を変える firealpacaの場合8bitレイヤーをダブルクリックして色を変えます。 理由としては、黒そのままだと血色が悪く見えるからです。 この色だと肌の色が良く見えるので、これにします。後で変えることもできるので適当に決めましょう。

 

座る ラフ3

【4】オーバーレイで着色

通常のレイヤーを使って肌、服、髪、背景と塗っていきます。レイヤーのモードはオーバーレイ。 背景の塗って、これで完成。複雑な色を塗るときは通常。単純なものは8bitを使うといいので これはあまりよくない例です。

 

座る ラフ

 

以上、メモはここまで。 塗りが綺麗にできていませんが、それも味っていうことで大丈夫っ。 (あれ、むしろモノクロの方が完成度高かったような……)

【最後に】 思ったよりは髪の色が上手くいきませんでしたが、これで よし。「完成すれば、これも一つの作品」ってことでポジティブに いきます。それでは、また次回で会いましょう。