ひきこもり宣言(?)

イラストと普段思ったことを投稿します

【DAZ Studio】3Dソフトを使って萌えイラストに活用してみた

※すみません。過去記事を下書き状態にして修正したらはてなブログのグループの上に上がってしまいました。見たことある人は無視しちゃってください。

今まで3DソフトはデザインドールMMDを使ってきましたが、3Dソフトには色々ありますよね。その中でも今回は「DAZ Studio」を使ってイラストを描いてみました。このソフトを知ったきっかけはとあるツイッターのまとめから。

togetter.com

DAZ Studioって何?

3Dのモデルのポーズをいじったりできるソフトです。本来の用途とは違いますがこれを利用してイラストの参考にしたりもできます。2015年(?)から無料でダウンロードできる(会員登録が必要)ので是非ダウンロードしましょう!

なんで絵を描くのに3Dソフトを使うの?

人間の想像力には限界があるためです。3Dソフトでモデルを動かすだけでもおおまかな人体の特徴を捉えられるため絵の勉強になります。簡単な構図では特に必要ありませんがフカン、アオリなど特に描くのが難しいとされる角度では大きな助けとなるでしょう。

 

操作方法

f:id:queskues:20170823065318j:plain

赤丸のところからクリックしてモデルをダブルクリックしてモデルを出す。

f:id:queskues:20170823065325j:plain

モデルが出ました。

f:id:queskues:20170823065328j:plain

ポーズのいじり方はいろいろありますがこれが一番楽です。赤、青、緑のスライドバーからいじると脚を曲げたりできます。

f:id:queskues:20170823065330j:plain

次はカメラを出します。カメラを出すことによって広角レンズ、望遠レンズのようにみせることができます。

 

f:id:queskues:20170823065332j:plain

画像のようにクリックするとカメラが開けます。

f:id:queskues:20170823065829j:plain

ここからviewウィンドウを出します。これによってカメラ操作が楽になります。

f:id:queskues:20170823065334j:plain

カメラのいじり方にも色々ありますが赤丸のところところからいじるのが簡単です。右のスライドバーで広角の設定ができます。ちょっとこれは広角が効きすぎですがこれで操作方法は終わりです。

 

実践

f:id:queskues:20170821153028p:plain

こんな感じでモデルを表示させて好きな角度にして描く。

f:id:queskues:20170821153217j:plain

描けました。3Dソフトの真髄は広角、望遠レンズで表示できることです。これは広角に設定してすこし歪んだ感じになっていると思います。僕の設定が下手であんまり広角に見えませんが……。それと上半身がおかしい。

翌日に少しだけ修正しました。

f:id:queskues:20170822080640j:plain

脚と上半身を主に修正。俯瞰むずいっすねー。

f:id:queskues:20170823071202j:plain

そのまた翌日に上半身を修正。あんまり変わってない。

f:id:queskues:20170823071316g:plain

修正前、修正後の比較。GIFって面白い。かえっておかしくなってるようなきがするけど気にしない。

次いきます。

f:id:queskues:20170821154028j:plain

体のラインを描くときに腕は邪魔なので上にあげます。

これが こうじゃ(⌒ω⌒)

f:id:queskues:20170823152910j:plain

3Dモデルを参考にしすぎてはいけないのですね!

足は他の方のイラストを参考に描きました。頭がなんかのっぺりしているのでつむじを意識しなきゃ駄目ですね。あとから気付いたけどデッサンが狂いすぎてやばい。それにしても

なんかこのポーズエロいな……

ぶっちゃけDAZ Studioの使い心地ってどうよ?

まだ使い込んでから日が浅いですがデザインドールMMDと比べてモデルがリアルで人体の参考になり、操作感もしやすいですね。MMDは萌えなので比較するのは間違っているような気がしますが。

現実のデッサン人形の方が良くない?

僕は使ったことがありませんが多分ポーズのつけやすさはあっちが上なのかな? 僕もお金に余裕ができたら買います。

3DGCをデッサン人形として使うデメリットって?

絵を描く時間よりもソフトに触れる時間の方が長くなる可能性がある

ソフトに触れる時間が長くなってしまい絵を描く時間が減るのでかえって絵が下手になるかもしれません。

絵はモデルに依存するためモデルの出来が悪いと絵も悪くなる

絵はモデルに依存するとありますが、僕が描いたイラストもそうで等身が高くなってしまうんですよね。そのためロリ系のキャラを描くにはあんまり向いてないです。

モデルは基本裸なため二次元特有の服を着せる場合参考にならない

服は着せることもできますがゴスロリのような特殊な衣服は自分の絵で着せてあげなきゃいけません。

肩、首から上は自分の想像、もしくは資料を参考に書く必要がある

言わずもがな。萌え絵なのに肩幅が3次元並に広くなって失敗してしまうことがあるので気をつける。

筋肉、骨格の勉強にならない(モデルによる)

模写も同じですが絵の参考書やpixiv口座で勉強しないと筋肉、骨格の勉強になりません。しかし、スマホアプリでは筋肉むき出しのモデルがあると最近知りました。

まとめ

僕は他の方のイラストに影響されやすいので、このような自分でポーズをつくってアングルを変えることのできるソフトがあるのは本当にありがたいです。ただあんまりにも3Dソフトを多様すると3Dソフト無しでは絵が描けなくなってしまうので適度に活用したいですね。

そもそも絵は正確だから出来が良いイラストというわけではなく“イラスト特有の嘘”がイラストの魅力につながってる場合もあるのでそれも勉強しなきゃと思ってます。

それとやっぱり基礎がしっかりしてあっての絵なので基礎もできてないのに3Dソフトを多様するのは今後の僕の絵の成長を妨げるのではないかとも心配しています。基礎のデッサンも頑張らなきゃと思うくえすでした。

次回はこの下書きを使って色塗り(厚塗り)に移ります。次回もよかったらよろしくお願いします。

広告を非表示にする